メンテナンス事業

独自のエンジニアリング・ノウハウを結集してバルブの安全性を支えています。

石田バルブエンジニアリング㈱は、50年に渡る間に培ってまいりましたメンテナンスのエンジニ アリングノウハウをもとに石油精製、石油化学、火力発電プラントに使われるバルブ(一般バルブ、安全バルブ及び高温高圧バルブ等)のメンテナンスを含めたトータル的な管理を提供させていただいております。
石田バルブグループで培った技術力、ノウハウ等を安心・安全及びスピーディな対応で、お客様への良きパートナーになれることを目標にこれからも頑張っていきたいと考えております。

お客様に安心していただける最良の製品とサービスを提供いたします。

工場における弁、安全弁、減圧弁等の整備には充分な高品質管理と高度な技術が必要とされます。石田バルブグループのユーザーには、可燃ガス等の高圧ガス製造工場も多く、運転条件の多様化に応じて分解点検、予測・診断といった各種弁に求められるメンテナンスを行っております。石田バルブエンジニアリングの各工場におきましては、工場長の指示のもと、整備要領書及び安全作業要領書に基づき忠実に順守した指導をして作業を進行しています。

点検整備業務
定期点検による機能診断を実施することで、最適な整備計画のご提案をさせていただいております。計画的なメンテナンスはバルブの長寿命化にもつながるため、保守管理マニュアルと整備台帳の整備を徹底し、的確なバルブ情報の把握、状態判断をしております。
補修業務
多くの補修・整備実績から得られたノウハウを活用し、定期点検のデータの調査分析を基に補修計画を実施しております。
効率的かつ効果的な整備計画の立案・実施により、バルブの能力を安定して維持することができます。
各工場のメンテナンス業務
千葉工場
千葉工場
京葉工業地帯、京浜工業地帯の定期整備、弁、安全弁整備を1963年の開業以来、ユーザーの要望に対応して参りました。特に安全弁整備には大きな自信と共に、信頼を戴いています。また石田バルブグループの高い技術力は海外のバルブメーカーにも評価をいただいており、ドイツ、フランス、オランダ、イタリア等の特殊弁補修の依頼にも応じております。
徳山工場
徳山工場
1963年、現周南市に開業し、周南コンビナートを中心に主に石油精製、石油化学のバルブ修理を行っていました。次第に範囲を拡大し、中国、四国、九州、関西までをエリアとしました。
高度な技術力、より迅速なサービス体制のもとに長年の経験と独自の技術に裏付けされたエンジニアノウハウ、メンテナンスノウハウを結集し、ハイレベル、ハイスキルのサービススタッフの育成を通してユーザーニーズに積極的に応えていくことを使命としております。
鹿島工場
鹿島工場
1972年の開所以来、茨城県の鹿島地区を中心にバルブの販売ならびにメンテナンス業務を受注してまいりました。近年は輸送手段の発達により鹿島地区にとどまらず筑波地区や福島周辺まで受注エリアが広がっております。
一般弁、安全弁、減圧弁、ブリーザ弁、スチームトラップ等の検査・整備に関しましては長年の実績によりお客様より大きな信頼を得ております。